インプラント治療とは

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > インプラント治療 > インプラント治療とは

 

歯茎に天然の歯の根の部分の代わりになる人工歯を入れて、再び咬む機能を回復させる夢の治療が「インプラント治療」です。また、入れ歯のように粘膜の表面を覆わないので、食べ物の味が変わらず美味しく感じられます。そして外れません。硬いものも食べられますし、熱いものも熱いと感じながら食べる事が出来ます。はっきりした発声が出来ますし、見た目もごく自然です。 インプラント治療についての詳しい動画はこちら

体に人工の根をいれて副作用などはない?

インプラントの根は純チタン製で、医療界では人工心臓などの人工臓器や骨折時の固定用プレートとして体に埋め込まれる素材です。純チタンについては今のところ、副作用も報告されておらず、最も安全な素材といわれています。

インプラント治療は何年位持つもの?

現在、インプラントの成功の基準は最低10年間といわれていますが、車のメンテナンスと同じように定期的な診察が必須で、日々は常に口の中を清潔に保つ必要があります。歯医者でのきちんとした清浄と、日々の歯磨きがきちんとできない方は、インプラントが長持ちしません。

インプラントはどんな人でも治療できる?

基本的には、すべての年齢層で治療を行うことができますが、成長期のお子様や、全身に疾患をもつ高齢者の場合に限って、治療できないことがあります。又、インプラントをする部位にアゴの骨の厚みや高さのない場合にも、治療できないことがあります。

インプラントは手術をすると聞きますが、どんな手術?

手術といっても手術の時間は、平均でインプラント1本で約30分、2本でも45分で終了します。骨を削るときに少々振動が響くかもしれませんが、きちんと局部麻酔をしますので、ほとんど痛みは感じません。手術の後は痛み止めを飲んで頂くので、痛みもありません。但し、10日間位は手術した箇所の反対側の歯をを使って食事をして頂くよう、お願いしています。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |