インプラント治療の流れ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > インプラント治療 > インプラント治療の流れ

 

インプラント治療の流れイメージインプラント治療は1回の手術だけで終わるのではなく、手術後の治癒期間や仮歯の作成など様々なステップがあります。
しっかりとした手順で治療していくことで安全性の高いインプラント治療を行うことができ、治療の後も安心して生活を送ることができます。

インプラント治療についての詳しい動画はこちら

1.口の中の検査・CT撮影・治療計画

インプラント レントゲンイメージインプラントを作成・埋め込みをするアゴの骨のボリュームや質、形などを知るために、精細な検査を行います。
CTスキャンにより、必要な骨量、骨密度、骨幅、神経の位置や血管などを割り出し、正確にシミュレーションを行い、インプラント体のサイズや埋入方向などを決定し、安全かつ確実な治療を行って いただくため、治療計画・立案(プランニング)し、再度インフォームドコンセントをとります。

2.局所麻酔・1次手術

インプラント治療 1次手術イメージ手術前に抗生剤と鎮痛剤を服用した後、局所麻酔を行います(全身麻酔ではありません)。
専用の器具でアゴの骨の中にインプラント体(人口歯根)を埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
レントゲンで確認後、手術は終了です。
※前歯など目立つ部位にインプラントを植立した場合は審美性を保つために仮りの歯をしますので、歯が抜けた状態にはなりません。
※手術終了後はすぐに帰宅できます。
※約1週間後に消毒・抜糸に来院していただきます。

3.2次手術

インプラント治療 2次手術イメージ下顎にインプラントを植立した場合は約3か月後、上顎にインプラントを植立した場合は約6か月後に、2次手術をおこないます。
局所麻酔をした上で金具(歯肉の形態を整える)をとりつけます。
※治療時間は約20~30分程です。

4.仮歯の装着

インプラント治療 仮歯の装着イメージ治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
かみ合わせや強度に違和感があれば医師と相談し、本歯の製作に向けてデータを集めていきます。

5.最終的な歯の装着

インプラント治療 本歯の装着イメージ仮歯の装着で得た情報を基に最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして作成します。
作成した本歯を装着し、治療が完了します。

5.治療後のメンテナンス

インプラント治療 治療後のメンテナンスイメージメンテナンスは1~3か月に1回程度、当院まで通院していただきます。
※インプラント治療では治療後もインプラント周囲の細菌をコントロールするためにプロによるクリーニングを受けることが必要です。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |