虫歯の放置することの恐ろしさ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > コンテンツ > 虫歯の放置することの恐ろしさ

 

多くの方が経験する虫歯。虫歯になると口臭や歯の痛みを感じるようになり、治すためには歯医者で治療を受ける必要があります。近年は無痛治療が注目されており、当院でも痛みを感じにくい治療を目指しております。痛くない治療で虫歯完治のサポートをいたしますが、虫歯が進行していると治療に時間がかかってしまう可能性もあります。こちらでは、そんな虫歯を放置することの恐ろしさについてご紹介いたします。

日常生活に大きな影響を及ぼす

虫歯が進行していくと、日常生活に支障をきたすようになり、場合によっては抜歯しなければならないほど重症化することもあります。抜歯することで、元々歯があった部分が空洞となりますが、これによって歯並びが乱れ、噛み合わせが悪くなってしまいます。

噛み合わせの悪さは身体のゆがみや顎関節症に関連するとも言われており、日常生活に影響を及ぼすことも少なくありません。また、虫歯が原因の口臭はどれだけ口臭対策を行っても改善することができません。口臭ケア用品を使っても歯磨きをしても根本的な部分が改善されていませんので、口臭に悩まされ続けるのです。

命にかかわる危険性も

虫歯には原因となっている菌が存在します。この菌は歯の奥底まで侵入していき、神経を侵します。侵された神経から痛みを感じるようになるのですが、そのままにしていると神経が腐って痛みを感じなくなります。

痛みを感じなくなると症状はさらに進み、歯根の周囲にどんどん虫歯菌が広まっていきます。顎の骨にまで虫歯菌が到達すると、骨髄炎を発症する可能性もあり、髄に侵入した虫歯菌が血液に流れ込み、最終的に全身へと菌が運ばれた結果、敗血症となり死亡してしまうというケースもあります。虫歯が直接の死因となるのではなく、虫歯が原因となって他のさらに大きな病へと発展していく可能性があるのです。

他にも人間の身体の司令塔となっている脳に虫歯菌が侵入し、全身不随になるなどの重症例も実際に起こっています。虫歯の恐ろしさを再認識して、健康な口内環境を目指しましょう。

当院は阪急伊丹駅前にございます歯科医院です。昭和53年の開業以来、この地でたくさんの患者様を治療してきた実績を持ち、これからも皆様の歯の健康をサポートさせていただきます。虫歯治療や歯周病治療、入れ歯などによって口元の美しさを維持する審美歯科など、幅広く対応いたしますので、伊丹市周辺エリアで歯科医院をお探しなら、ぜひ当院へお越しください。

コメントは受け付けていません。

 
Share |