入れ歯の欠点

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 入れ歯 > 入れ歯の欠点

 

入れ歯は保険が適用されるため、比較的安価にできるというメリットはありますが、その反面、手入れが大変、臭いがつきやすい、しっかり噛めないなどの欠点がどうしてもついてまわります。当ページではその欠点についてご説明します。

部分入れ歯の欠点

部分入れ歯では、針金を前歯や奥歯にかけて入れ歯を固定します。針金をかける歯に大きな力がかかるため、歯の寿命が短くなってしまう欠点があります。 また、口をあけた時に針金が見えてしまうので、見た目に悪いという欠点もあります。

総入れ歯の欠点

歯茎などで支える総入れ歯は、口の中全体を覆うことになるので、食べ物の味や温度をほとんど感じられなくなることがあります。 噛みにくい、食べカスが歯茎と入れ歯の間に入って痛む、食べる時に入れ歯がはずれるなど、食事の時にストレスを感じる場合が多いのが実情です。 格好が悪いのが、人と話している時に入れ歯がはずれることもあります。 また、大きな欠点としてアゴの骨や歯茎が徐々に痩せてしまい、すぐに入れ歯が合わなくなることがあります。 1度入れ歯を作っても、上記の理由で何度も入れ歯を作り変えなければならないことが多いのも実情です。

インプラント治療のすすめ

インプラント治療を併用した完全固定式の連結ブリッジ

インプラントを土台とした固定式の連結ブリッジなら、自然の歯を同じようにしっかりと噛むことができ、食べ物の味や温度を楽しむことができます。

インプラント治療を併用した半固定式の入れ歯治療

インプラントを土台とした半固定式の総入れ歯なら、自然の歯と同じとまではいかないですが、会話や食事の途中で入れ歯がはずれてしまったりすることはありません。 また、総入れ歯と比べて口の中を覆う範囲を小さくすることができるので、自然の歯と同じように食べ物の味や温度を楽しむことができます。 インプラント治療を利用すると、丁寧な歯磨きと歯医者での定期メンテナンスが必要になりますが、アゴの骨や歯茎が痩せても、総入れ歯のようにすぐに合わなくなるようなことはありません。 唯一欠点があるとすれば、インプラント治療には保険が適応されませんので、費用が高くなってしまう点があります。

早期のインプラント治療をおすすめする理由

入れ歯をしようすると、アゴの骨と歯茎が痩せてしまうのは、大きな欠点と言えます。 アゴの骨や歯茎が痩せるたびに、インプラント治療が難しくなります。骨の量が少ない場合、インプラント治療ではその量を増やしてあげる必要ができて、増やす骨の量が多いほど費用が高くなってしまいます。歯を失ったら早めにインプラント治療を受診されることをおすすめします。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |