入れ歯治療の流れ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 入れ歯 > 入れ歯治療の流れ

 

入れ歯当院での入れ歯治療の流れについてご説明します。

1.現在使用中の入れ歯の調整

入れ歯新しい入れ歯を作る前に、現在使用中の入れ歯の不具合をチェックし、できるだけ取り除いていきます。
入れ歯が完成するまでの期間は3週間~1ヶ月以上かかることがほとんどで、治療の間に使用できるように現在の入れ歯をまず調整しておきます。

2.虫歯や歯周病の治療

虫歯・歯周病の治療風景入れ歯の支えとなる他の歯の健康は非常に大切です。
残っている歯の虫歯治療や歯周病治療をしっかり行うことも、入れ歯治療の中で重要な部分です。

3.型どり(1回目)

入れ歯の型口の中の型をとります。1本1本の歯の向きや状態、アゴの形などがわかるような型枠を作成します。必要に応じて、調整用入れ歯も作成します。

4.口の中の型枠を使用して、最終的な型を作ります

1人1人の口の形に合わせた型枠を使って、最終的な型をとっていきます。
入れ歯はサイズがピッタリ合わないと不安定になりやすい特徴があります。ですので、口の形に合わせた型をいかに正確にとるかが重要となります。

5.噛み合わせの決定およびチェック

噛み合わせチェック上のアゴ、下のアゴの前後左右の位置や、高さを決めていきます。
これによって噛み合わせを決まります。噛み合わせは入れ歯治療の中で最も重要な段階と言えるでしょう。
噛み合わせが悪い入れ歯は、色々な不具合を生じさせてしまうのです。

6.人口歯を並べて、噛み合わせと歯並びをチェック

歯茎に見立てた赤いロウの上に人口歯を並べ、噛み合わせと歯並びをチェックしていきます。歯並びの変更もできます。

7.入れ歯が完成

入れ歯入れ歯が出来上がり、実際のチェックを行います。
しかし、入れ歯の完成はゴールではなくスタートです。実際に使用してできるだけ違和感のないように調整をしていきます。
入れ歯の使い方やお手入れ方法のご説明をした後に、入れ歯をお渡しします。注意を守って正しく使い、快適な入れ歯生活を送ってください。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |