「悪い入れ歯治療」と「良い入れ歯治療」

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 入れ歯 > 「悪い入れ歯治療」と「良い入れ歯治療」

 

入れ歯入れ歯一つ作るにも、歯医者を選ぶ必要があると思われます。 それは歯医者によって、診察から作り方まで実にさまざまだからです。 当ページでは、「悪い入れ歯治療」と「良い入れ歯治療」について知っていただきたいと思います。

悪い入れ歯治療

入れ歯は噛めるもの、合うものと思っていませんか?

「入れ歯は合いにくい」のが普通です。

歯医者で入れ歯を新しく作ってもらい、治療時にはぴったりとはまって合っていたけれど、その後自宅に帰り食事をしたとたん合わなくなってしまった・・・。 なんて事は珍しいことではありません。 なぜこういうことが起こってしまうのでしょう。それは、入れ歯というのは歯茎の上に乗せているだけなので、噛んで力を入れると肉や骨が変形して、あわなくなってしまうのです。

当院では基本的には入れ歯をおすすめしません

当院では歯を失った患者様に対して、基本的には入れ歯を選択されることをおすすめしていません。 なぜなら、入れ歯を使えば使うほど、アゴの骨が吸収され、骨がどんどん無くなっていくという、怖い現実があるからです。 普通早い方では、入れ歯を作ってから1年もたてばアゴの骨が吸収され、口に合わなくなってきます。 こういった事は入れ歯を使っている限り、一生続くことになります。その為の時間や費用を考えるとどうしても患者様におすすめできるものとは思えないのです。 しかしどうしても入れ歯をしたいという患者様には、当院での精密な入れ歯治療をおすすめします。

良い入れ歯治療

良い入れ歯治療とはどのようなものでしょうか。当院が行っている治療のポイントについてご説明します。

1.緻密な型どり

歯の治療全般に言えることですが、型どりというのはとても大切です。 入れ歯を作る時にも大変重要と言えるでしょう。 当院の入れ歯治療では、大変緻密に型どりを行わせていただきます。この行程を丁寧に行うことで、長く使う入れ歯の使用感が大きく変わっていきます。

2.調整用入れ歯の製作

まず「調整用入れ歯」という治療用の入れ歯をまず作成します。 実際にその調整用入れ歯を使っていただきながら、本番の入れ歯の型をとります。 すぐに本番用の入れ歯を作るのではなく、調整用の入れ歯を作ることで、長く使っていただくための調整が事前にできるというわけです。 通常の入れ歯治療の場合、こういった段階はありません。

3.特別な入れ歯用プレス機器を使用

入れ歯プレス入れ歯を作る時に「プレス」という行程がありますが、より正確に入れ歯を作るために、特別な機械を使ってプレスします。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |