入れ歯が合わない!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 悩み別歯科治療 > 入れ歯が合わない!

 

毎日、合わない入れ歯に不快な思いをされていませんか? 合わない入れ歯にはいろいろな危険性があります。 ●治療方法:入れ歯治療

合わない入れ歯の危険性について

食事中に痛みを感じたり、入れ歯によって口の中に傷ができたりといった問題が起こっていませんか?そういった問題が起こっている場合、今の入れ歯が口に合っていない可能性があります。 入れ歯が合っていれば、痛みなどなく快適に食事をすることができているはずです。 入れ歯が合っていない食事には、人によっては耐えられない程強い痛みを伴う場合もあります。できるだけ早く歯医者へ行かれることをおすすめます。

合わない入れ歯をそのままにしておくと

合わない入れ歯を我慢してそのままにしていると、口の中の粘膜が傷付き、口内炎が常にできているような状態になります。さらに入れ歯のかみ合わせも良くない場合は、その傷がさらに刺激され悪化する場合もあります。

健康な歯への悪影響も

部分入れ歯など、まだ健康な歯が残っている状態で入れ歯をしている場合、入れ歯が合っていないことが原因で、健康な歯に大きな負担がかかり、痛みを感じる場合があります。その痛みを我慢して合わない入れ歯を放置していると、健康な歯を痛めてしまい、最悪の場合にはその歯を失う可能性もあります。合わない入れ歯をされている方はできるだけ早く受診してください。

入れ歯がはずれやすい方へ

入れ歯が外れやすい原因の大半は、入れ歯が合っていないことにあります。一般的に入れ歯が合っていない原因には下記のようなことが予想されます。
  • 入れ歯が筋肉や舌の動きを考慮して作られていない
  • 入れ歯がアゴの動きを考慮して作られていない
  • 入れ歯が口の中の粘膜に合っていない
  • 入れ歯を支えるバネに力が不足している
当院で受診いただくと、徹底して口の中をチェックさせていただき、まずは入れ歯が合っていない原因を正確に把握し的確に処置をさせていただきます。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |