歯が痛い!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 悩み別歯科治療 > 歯が痛い!

 

歯が痛い!歯の痛みには大きく分けて2つあります。1つは歯自体の痛み、もう1つは歯の周囲(歯茎や歯骨)の炎症による痛みです。 又、それらの痛みも虫歯によるものと歯周病によるものとに分かれます。 ●治療方法:虫歯治療/歯周病治療/歯の根の治療/併用治療

虫歯治療

虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。 虫歯は自然治癒することは決してなく、そのまま放っておくとどんどん悪化してしまいます。 毎日の歯磨きをしっかりすること、 そして少しでも「歯が痛い」と感じたらすぐに歯医者に行くことが大切です。 虫歯の進行度は通常、その程度によってC0~C4に分類されます。
●歯医者の豆知識:「C」はCaries(カリエス=虫歯の意味)の頭文字です。

C0:虫歯の初期症状

虫歯の段階C0歯の表面のエナメル質が虫歯菌によって溶かされ始めた状態です。痛みは全くありません。歯の表面が白っぽく見えることがあります。正しいブラッシングやフッ素塗布などによって「再石灰化」を促し、元通りに治療することが可能です。

C1:歯の表面(エナメル質)段階の虫歯

虫歯の段階C1痛みはありませんが、放っておくと虫歯が悪化してしまう状態がこのC1です。この段階の虫歯はエナメル質を削り、 CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治療します。

C2:歯の内側(象牙質)段階の虫歯

虫歯の段階C2冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりします。 治療法としては虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護したりするのが一般的です。

C3:神経まで進行した段階の虫歯

虫歯の段階C3この段階までくると、激しい痛みを感じ、神経を取り除く治療が必要となります。 神経を取り除く治療をした後、かぶせ物(セラミッククラウンなど)を装着するのが一般的です。当院ではスピーディにかぶせ物を製作できる最新鋭のシステムを導入しています。こちらのページもぜひご覧下さい。

C4:歯の根まで進行した段階の虫歯

虫歯の段階C4歯の根まで虫歯が進行すると、膿がたまります。最悪の場合は抜歯の必要があります。歯を抜いた後の選択肢としてはインプラント、入れ歯、ブリッジなどがあります。

歯周病治療

健康な歯と歯周病の歯歯と歯ぐきの間から歯周病菌が入り込んで、歯茎や歯の周囲の組織を破壊してしまう病気です。原因となるのが、歯垢(プラーク)の中にいる細菌です。歯と歯の間に残った「食べカス」などを栄養源にして、この歯垢はどんどん繁殖していくのです。 繁殖した細菌が毒素を出して、歯ぐきや歯を支えている骨を侵すことで、歯ぐきが炎症を起こし、挙句には腫れて痛み、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。中高年が歯を失う原因のほとんどは、この歯周病と考えられています。 最近では35歳以上の80%がこの歯周病にかかっている可能性があるという事も、歯科医の間では言われています。 初期の歯周病は痛み等の自覚症状はほとんどありません。痛み始めるのはかなり進行してからでしょう。又、疲労などが原因で免疫力が低下した時に、細菌に感染して急性の歯周病になり、急激に痛み始める場合もあります。

歯の根の治療

歯の根に病巣を持つ病気は基本的には神経の治療と同じような手順で行います。以前治療を行った歯の場合は神経を取った代わりに詰められたものを除去してから治療を行います。

歯周病治療と歯の根の治療の併用

歯周病と歯の根の病気、その両方が重なった場合は上記の方法を併用します。しかし、重症であったり、病巣が大きい場合は、病巣を取り除く手術を行います。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |