歯周病治療の方法

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 歯周病(ぺリオ)治療 > 歯周病治療の方法

 

歯周病治療は、状態の悪い歯茎を出来るだけ良好な状態の歯茎に持っていく治療です。 歯茎の状態を良くするために、以下の様な治療や指導を行います。 ●歯周病治療:歯茎のクリーニング/歯磨き指導/歯石の除去/歯周ポケットと出血の検査/バイオフィルムの破壊/歯周外科(必要な場合)/歯の製作・セッティング

歯周病治療の流れ

1.検査

骨がどれだけ破壊されているか、その状態を調べます。 歯周ポケットの深さを測定します。 歯茎の炎症の有無を調べます。 プラークコントロールが出来ているかどうかの検査をします。

2.歯磨き指導

歯が正しく磨けるようになるまで、徹底的に指導します。

3.歯石の除去(スケーリング)

歯石の付着の度合いにより、1~6回に分けて歯石の除去を行います。

4.歯周ポケットと出血の検査(炎症の度合いが「中度」以上の患者様)

5.歯石の除去・バイオフィルムの破壊(スケーリング・ルートプレーニング)

歯肉の奥深い所まで、歯石が付着している場合に、このスケーリングルートプレーニングを行います。 ルートプレーニングを必要とするこの段階の歯牙は、すでに強い毒素を持つバイオフィルムが形成されています。 バイオフィルムとは、強い毒素を持つ細菌の集まりの事を言います。細菌が、手と手をつなぎ、歯の周りをがっちりと取り巻いている状態の事です。 この治療により歯石取りとバイオフィルムの破壊を同時に行っていきます。

6.歯周外科(必要な場合)

7.プロによるブラッシング(PMTC)

プロによるブラッシングは、バイオフィルムの破壊に効果的です。 人によって異なりますが、1~3ヶ月に1度は行う必要あります。

8.歯の製作・セッティング

正しい噛み合わせができるよう、歯の製作及びセッティングといった治療を行います。 但し、歯周ポケットと出血の検査炎症がおさまっている場合に限ります。

9.再検査(3ヶ月後)

現在の状況及び炎症がないかを検査します。

11.バイオフィルムの破壊

バイオフィルムとは、強い毒素を持つ細菌の集まりの事を言います。細菌が、手と手をつなぎ、歯の周りをがっちりと取り巻いている状態の事です。 この時、細菌が少量でも残っていると、約3ヶ月程かけてバイオフィルムが再び形成されてしまいます。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |