ts/feed" />

無痛治療とは

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 無痛治療 > 無痛治療とは

 

痛そうな歯医者の治療あなたの周囲の人(家族や親戚、友人)の中で思い浮かべてみてください、「歯医者が苦手、痛いのが苦手」という人がきっと数人はいるはずです。ニューヨークのあるクリニックには、歯科恐怖症の患者様のためだけの外来があります。歯医者での無痛治療はもはや、アメリカでは常識とされつつあります。

痛みが苦手な患者様へ あなたが痛みを感じたくないという意思をまず聞かせて下さい!

当院では、治療前のカウンセリングで“治療中の痛み”についてご説明し、患者様と十分に話し合っています。その際には、患者様が歯科治療に対して持つ不安や痛みを緩和するための方法、また薬で治す無痛虫歯治療「3Mix治療法」など、たくさんの選択肢の中からどの治療を行うかを相談して決めています。

「歯医者=痛い」というイメージをお持ちの患者様へ

歯の治療中に生じる痛みは、麻酔注射によって緩和することができます。痛みが起こりそうな治療の場合は、あらかじめ十分な麻酔を行っておけばよいのです。ただ、その麻酔(注射)を行う際に痛みが生じやすいことはあります。しかしながら当院では、麻酔注射の針を刺すときにもなるべく痛みを感じないよう、細心の注意をして注射を行っています。 注射器イメージ当院では痛くない麻酔注射を行うために、塗るタイプの麻酔薬と2種類の注射器を併用することにより、麻酔時の痛みを感じにくくする、「無痛治療」を実現しています。 まず、塗る麻酔薬で表面麻酔を行った上で、注射の針を刺した時に痛みを感じにくいよう、長年培った技術を駆使して注射します。

無痛治療の流れ

  1. 表面麻酔薬イメージ麻酔注射をする前に塗るタイプの麻酔薬を使って表面麻酔を行い、針を刺す歯茎の表面を麻痺させ、刺す痛みを和らげます。表面麻酔薬を塗ると大抵の痛みは感じなくなります。
  2. 体内注入時の刺激を少なくするため、麻酔液を体温と同じくらいに温めておきます。
  3. 注射針のない麻酔注射器を使って、局所麻酔を行います。麻酔薬は、新しいタイプの局所麻酔剤を使用しています。
  4. 2~3分経過後、麻酔の効いている部分に極細針の注射器を使って、麻酔液をゆっくりと注入していきます。※患者様の症状によっては注射針による注射は行わない場合もあります。
  5. 麻酔が十分に効いていることを確認した上で、治療を開始します。
  6. 3Mix治療法(病巣無菌化修復療法)という3種類の抗菌剤を用いた治療法により、虫歯を削らずに治療します。薬剤で虫歯を無くす治療法として、3Mix治療法や3Mix-mp治療法などが注目されていますが、それらは無痛でしかも歯を削らない方法として多くの歯医者で実施されています。 ※3Mix-mp治療法について詳しくはこちら(外部サイト)をご覧下さい。
  7. 虫歯のない健康な歯の部分を削った場合に歯はひどく痛み、逆に虫歯の部分のみを削ると痛みはほとんど感じないものです。このように虫歯だけを除去する方法を、無痛修復法といいます。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |