審美歯科Q&A

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > Q&A > 審美歯科Q&A

被せ物や義歯について、またはその素材についてなど審美歯科治療についてよくある質問とその答えを掲載しています。

 
 

かぶせ物をセラミック製にするメリットは何ですか?

セラミックはいわゆる陶器ですから、本物の歯とほぼ同じ硬さと白さが得られます。メタル成分がありませんので金属アレルギーの方にも安心していただけます。仕上がりの美しさは他の素材より比べ物にならないすばらしさです。デメリットとしては、保険がきかないため、全額の費用が自己負担になります。
また、強さの面から、セラミックの耐久性は半永久的と言えます。しかし強い衝撃による破折などが生じた場合はその限りではありません。

ラミネートベニア法とはどんな治療方法ですか?

ラミネートベニア法は、セラミック製の付け歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる審美歯科の治療方法です。手法としてはネイルアートの付け爪の原理によく似ています。安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので歯を美しくする審美歯科の主流となっています。 治療期間は短く、痛みもないのでストレスがほとんどありません。またセラミック製なので歯茎にもやさしく、磨耗や変色の心配がないので治療後も安心です。

神経を抜いて変色した歯を白くできますか?

神経を抜いて変色した歯を白くする方法には、薬剤を使用する「ホワイトニング」が挙げられます。しかし、あまりに長い年月が経過している場合や、硬質レジンを詰めている部分が大きい場合は、セラミッククラウンをかぶせて(かぶせ物で)白くする方が効果的と言えるでしょう。

かぶせ物はどれくらい持ちますか?

かぶせ物は、基本的に10年は持ちます。しかし、患者様のメンテナンスの状態や定期検診に通われる頻度や、正しい歯磨きが行われているかどうかなどにより左右されます。 また、歯ぎしり・食いしばりのある患者様の場合は、ナイトガードなど防止器具の装着が必要になります。装着する頻度が少なければもちろん、かぶせ物の寿命は短くなります。 かぶせ物をセットしてからどれくらい持つかは、患者様次第という部分がありますので、必ず定期検診には足を運ぶようにしましょう。

かぶせ物をしたら虫歯にならないですか?

いいえ、虫歯にも歯周病にもなります。基本的に審美歯科のかぶせ物も銀歯のかぶせ物もその点は同じと考えてください。正しい方法で歯磨きなどの毎日のケアをしなければ虫歯にも歯周病にもなります。 かぶせ物をすれば虫歯にならないと思われている患者様が多くいらっしゃるように思いますが、歯を磨かなければ虫歯にも歯周病にもなります。大きな間違いですので、正しい方法で歯磨きをすることを心がけましょう。

なぜ歯は変色するのですか?

食べ物による着色や加齢による黄ばみ、薬による変色などがおもな原因です。 ニッコリと笑った時にキラリと光る白い歯は、年齢にかかわらず第一印象の好感度を上げる、重要なポイントです。 歯の内部構造しかし、日本人の歯は、アメリカ人のような白さを持っているわけでなく、もともと少し黄味がかっています。その理由は、歯の材質にあります。歯の構造から最も外側にエナメル質があり、その下に象牙質、最も内側に神経や血管が通る歯髄があります。エナメル質は大部分が半透明の硬い組織で、象牙質は黄色かかった茶色の組織、歯髄は赤色です。 歯の色はこの象牙質の黄色とエナメル質の透過性の白が加わった色なのです。象牙質は人種により色が違い日本人は欧米人と比べてより黄色がかっているために、歯がどうしても黄色がかってみえるのです。 さらに、歯の本来の色だけでなく日常の生活で歯の色が付く原因がいくつかあります。これは歯の表面に着色するものなのですが、お茶や赤ワイン、コーヒーといった着色性の飲料を飲むことなどにより着色するものです。また、タバコのヤニも原因の1つで喫煙する本数が多いほど着色しやすくなります。 もう一つは、薬物による歯の変色です。小さい頃に飲んだ薬によって歯が変色する場合があります。また、歯を強く打ったり、歯の神経を抜いた場合に象牙質が黒っぽくなって歯の色が変わる場合があります。 加齢によって歯が変色する場合もあります。歳をとるにつれて、その内側にある象牙質の色が透けてみえやすくなり黄ばんでみえるようになるのです。しかも象牙質の色自体もだんだん濃くなっていくので、さらに黄ばみが濃くなってしまいます。 歯の色の原因について気になる方は、ご自身で判断するのはなかなか難しいと思いますので、ぜひ一度当院にご相談ください。

審美歯科とは何ですか?

審美歯科という言葉は一般的には聞き慣れない言葉かもしれません。審美歯科とは、美しさと自然な口元の実現に焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。歯にはその機能(食べ物を美味しく食べられる)と、審美(きれいな歯並び、美しい歯)という2分野があります。その両方に焦点を当て、患者さんの要望を取り入れた結果の歯並びと色をその人の顔にマッチさせた口元の健康美を求める治療が、審美歯科治療と言えるでしょう。

セラミッククラウンの種類はありますか?

メタルボンドタイプやオールセラミックスタイプまで色々な素材があります。奥歯ではジルコニア系のオールセラミックやメタルボンドがお勧めです。アレルギーの問題や前歯の審美性を考えるなら光を通すオールセラミック素材がいいでしょう。

義歯などに使われる「セラミック」はどういった素材ですか?

セラミックとは簡単に言えば陶器のような素材です。歯科技工士が歯の色に限りなく近い色を再現した陶器の素材を使用して、焼き上げて義歯を製作します。歯の先端の透明感から根元の不透明感まで自然歯に近い色が美しく表現でき、耐久性にも優れた素材で、昔から義歯にとって欠かせない素材です。

治療の途中で「見た目が悪い」「噛みにくい」などありませんか?

審美歯科治療では、治療の途中に外見や噛み合わせに支障をきたさない様、プラスチック製などの仮の歯をセッティングします。したがって、歯を削ったままで見た目が悪くなったり、食事にの時に噛みにくいなどという事はありませんのでご安心ください。

保険の差し歯でもきれいな歯になりますか?

保険がきく白い差し歯は、前歯に使用する場合のみです。保険の差し歯に使用されている素材は「レジン」というプラスチックのような素材なので、陶器製の「セラミック」と比較すると強度や耐久性の面でかなり劣ります。
サイト内検索: