なぜ歯は変色するのですか?

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > Q&A > 審美歯科Q&A > なぜ歯は変色するのですか?

 

食べ物による着色や加齢による黄ばみ、薬による変色などがおもな原因です。 ニッコリと笑った時にキラリと光る白い歯は、年齢にかかわらず第一印象の好感度を上げる、重要なポイントです。 歯の内部構造しかし、日本人の歯は、アメリカ人のような白さを持っているわけでなく、もともと少し黄味がかっています。その理由は、歯の材質にあります。歯の構造から最も外側にエナメル質があり、その下に象牙質、最も内側に神経や血管が通る歯髄があります。エナメル質は大部分が半透明の硬い組織で、象牙質は黄色かかった茶色の組織、歯髄は赤色です。 歯の色はこの象牙質の黄色とエナメル質の透過性の白が加わった色なのです。象牙質は人種により色が違い日本人は欧米人と比べてより黄色がかっているために、歯がどうしても黄色がかってみえるのです。 さらに、歯の本来の色だけでなく日常の生活で歯の色が付く原因がいくつかあります。これは歯の表面に着色するものなのですが、お茶や赤ワイン、コーヒーといった着色性の飲料を飲むことなどにより着色するものです。また、タバコのヤニも原因の1つで喫煙する本数が多いほど着色しやすくなります。 もう一つは、薬物による歯の変色です。小さい頃に飲んだ薬によって歯が変色する場合があります。また、歯を強く打ったり、歯の神経を抜いた場合に象牙質が黒っぽくなって歯の色が変わる場合があります。 加齢によって歯が変色する場合もあります。歳をとるにつれて、その内側にある象牙質の色が透けてみえやすくなり黄ばんでみえるようになるのです。しかも象牙質の色自体もだんだん濃くなっていくので、さらに黄ばみが濃くなってしまいます。 歯の色の原因について気になる方は、ご自身で判断するのはなかなか難しいと思いますので、ぜひ一度当院にご相談ください。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |