ラミネートベニア法とはどんな治療方法ですか?

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > Q&A > 審美歯科Q&A > ラミネートベニア法とはどんな治療方法ですか?

 

ラミネートベニア法は、セラミック製の付け歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる審美歯科の治療方法です。手法としてはネイルアートの付け爪の原理によく似ています。安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので歯を美しくする審美歯科の主流となっています。 治療期間は短く、痛みもないのでストレスがほとんどありません。またセラミック製なので歯茎にもやさしく、磨耗や変色の心配がないので治療後も安心です。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |